トップ  クリニックのご案内  ドクター紹介  頭痛  脳卒中  ものわすれ  脳ドック  お問合せ




脳卒中とは、脳の血管が詰まり血液が流れなくなる(脳梗塞)と、脳の血管が破れ出血をおこし脳細胞が
死んでしまう病気(脳出血、くも膜下出血)のことです。重い後遺症を残し寝たきりの原因疾患として大きな
割合をしめていますので、脳卒中にならないようにすることが重要です。
脳卒中を引き起こす原因には生活習慣と、病状・病気によるものがあります。



大きな病気になる前に前触れの症状がでることがあります。
次のような症状があれば早めに受診してください。

前触れの症状 首や肩が凝る。

風邪でもないのに頭痛が続く。

頻繁に目まいが起こる。

歩行中ふらつくことが多い。

片側の顔、手、足がしびれる。

物が見えにくくなったり二重に見えたりする。
脳卒中の原因となる高血圧や動脈硬化は、程度が進むと色々な症状を表します。気がかりな自覚症状があれば迷わず専門医の診察を受けましょう。


自覚症状がない方でも、次の項目が複数該当する方は一度脳の検査を
お勧めします。
60歳以上である。
高血圧である。
高脂血症である。
糖尿病である。
家族や親戚に、脳卒中にかかった人がいる。
脈がみだれることがある。動機がよくする。
太っている。
お酒をたくさん飲む。
たばこを吸う。
運動不足である。
ストレスがたまっている。
ゆっくり休めない。
完璧主義である。
味付けの濃いものが好き。
脂っこいものが好き。
味見をせずに調味料をかけることが多い。
果物を食べることが少ない。
野菜をあまり食べない。



Copyright (C) NAGATA-CLINIC All Rights Reserved.      i-wave.